お客様の声

TOP > 業者選びは大切なポイント

 


このページでは、国民生活センターのPIO-NET(消費生活相談データベース)に寄せられた様々な問題・事例をご紹介しながら、なぜSHIN NIKKENグループがお客様から選ばれているかをご説明します。

- index -
 悪質な業者に騙されない ・・ その手口のご紹介
 悪質な業者じゃなくてもトラブルになるケース ・・ 一般的なリフォーム会社とSHI-NIKKENグループの違い

 SHIN NIKKENの姿勢 ・・ 万全の体制作りのために行っている具体的な事例





リフォーム会社とは名ばかりの悪質な業者によるトラブルは近年増加傾向にあります。




『私は絶対に大丈夫!』そう思っていても被害にあうケースがたくさんあります。
悪質な業者はあなたのお住まいに対する『夢』、『不安』を煽り、言葉巧みに心の中に入っていきます。
徐々に冷静な判断力を失い、被害者になってしまうのです。




世間を騒がせる悪質な手口。あなたも経験ありませんか?


「無料で点検します」という言葉で飛び込み訪問をしてきます。
特徴は、屋根や床下など確認することが難しい場所を点検することです。
故意に瓦をずらしたり、割ったりされても、確認することができません。そして「このままではお住まいが駄目になる」と指摘し、その場で契約を迫ります。


「近所で工事をしているから、ついでにお安くできますよ」、
「いまなら特別モニター価格で大変お得ですよ」、
などと割安感を出したセールストークで契約を迫ります。
しかし実際は、適正な施工費には程遠い内容で、決して割安ではない工事が行われてしまいます。


点検商法などとの併用で浄水器や給配管の清掃など簡単な作業や工事から入り込んで相手を信用させ、次々に違うリフォーム工事を持ちかけて契約させるのが特徴です。
悪質な場合は、複数の業者が一人のお客を狙って計画的に契約を繰り返させることもあります。


地震災害に関する不安・意識につけこみ、悪質な契約例がたくさん報告されています。 「消防署のほうからきました・・・。」などと公的機関の信用されそうな名称を出し、関連業者のようなフリをして騙す手口もあります。
不安を煽り、さらに必要以上のリフォーム工事を行い多額な請求をされることもありますので注意が必要です。


「介護保険が適用されます」などと補助金制度を悪用して契約を促すケースです。耐震に関する制度、損害保険などの話を持ち出し、法律や制度のウラを巧妙に使って契約を迫ります。
しかし、実際は工事の後になってそのような補助金が出ないことが判明し、問い合わせてもただの誤解だと言われ泣き寝入りとなってしまいます。


オール電化、太陽光発電システムの導入で光熱費が安くなると勧誘するケースです。
「無料で電気料金のシミュレーションをやっている」と訪問するケースが多いのが特徴です。このような訪問は「販売目的不明示」という違法行為で、悪質な業者の可能性が高いのです。 また、ケース5のような制度の話を織り交ぜ契約を迫ることもありますので注意が必要です。






悪質な契約をさせられたうえにずさんな手抜き工事。 これには目も当てられません。


契約内容と違う工事・・

契約書の内容とは違う安価な建材を使用して材料費を浮かしたり、工程を省いて手抜き工事を行います。
契約書自体がいい加減な書き方で、後からの苦情に耳を貸さないケースもあります。



ずさんな工事・・

技術を持たない職人を使ったり質の悪い建材を用いて、いい加減な工事により、その結果お住まいがリフォーム前よりも状態が悪くなり、雨漏りなどの欠陥が生じます。



クレームに対応しない・・

クレームや欠陥に対して対応せず逃げ出すケースや、さらに高額な施工費を請求するケースがあります。
また、すでに倒産していて連絡が取れないケースもあります。










たとえ悪質な業者ではなくてもリフォーム業界には見えにくい問題が潜んでいます。

有名なリフォーム会社、ハウスメーカーの場合でも決して安心できないケースのご紹介です。
リフォーム業界は販売・施工・アフター等がそれぞれが別々の会社であることは珍しいことではありませんし、FC制度(フランチャイズ)で町の工務店や個人経営の専門業者といったケースが多く、 施工においては2次、3次下請け会社が請け負うことも多々あります。



このような形態では管理・監督が行き届かず手抜き工事をされたり、材料(塗料等)をごまかされたりしてもわかりにくくなります。 そして、いざ問題が発生しても責任の所在が不明になりがちで、最終的にお客様が被害者となりやすいのです。




近年、「新会社法」によって資本金1円でも会社を設立できる制度となり、その結果十分な資本・資金力のない悪質な業者が多発し、後日業者に問い合わせてみると、既に倒産しているといったケースも増えています。







SHIN NIKKENグループは塗料の研究開発から施工後のアフターフォローまで他社にはない一貫した独自のシステムによって、お客様に対し様々な提案とサービスをご提供しています。








お客様からの信頼と安心を得るためには何が必要なのか。
その答えはお客様の『声』と『クレーム』の中にたくさん詰まっています。
お客様のご要望を真摯に受け止め、クレームから逃げない姿勢と万全の体制作りで、地域社会から必要とされる企業を目指しています。




各営業所での業務は『本社統括本部』により常に管理されています。
また同部には、早期に問題解決・改善を行うための『お客様相談室』を設置しており、専属スタッフが迅速な対応に努めています。








「完璧」は、ほぼありません。

しかし、“より完璧を目指し、日々努力する”ということは可能です。

例えば、お客様クレームに対し利己的又は会社側都合という安易な発想から「言い訳をする。」又は「クレーム処理に時間が掛かる。」という対応はあり得ません。
しかし、お客様の不満を十分理解したうえで、お客様の立場に立って迅速な対応を行う事、事前にお詫びの連絡を入れる事は当然できる事です。

また、“日々クレームにならないよう常に完璧に努める。”という意識を持つことは言うまでもありません。結果としてクレームに及んでしまった場合でも、その不満を処理し完璧なシステム改善を行う事によって、お客様より信頼と満足を得ることが不可欠です。

業界全体として見ても、技術力があるというようなひとつの能力に満足するのではなく、技術力もあり、経験もあり、価格価値も高く、企画力や提案力も備えたスピードを併せ持ち、信頼でき、常に市場を創造し牽引できるべく、より完璧に近い総合力をつける事が望まれます。弊社は、厳正に対処するばかりだけでなく、時には会社に責任の無い負担が見込まれたとしても、弊社理念に掲げる「お客様第一主義」に則し、お客様に満足いただける優良一流企業を目指してまいります。

塗装工事は沢山の作業の集合体です。一見、眼に見える部分は綺麗に仕上っていますから、“塗ればおしまい”の様に感じるものですが、実はそんなに甘く、安易なものではありません。また、同じ作業の繰返しという訳でもないのです。日本の住宅は木造から鉄骨造やRC造など基本構造は勿論のこと、外壁や屋根の素材についても多種多様化しております。そのため「ヒビ割れ」「黒ズミ」「カビ」などの症状もそれぞれ異なりますし、“例え同じハウスメーカーであっても”、北は北海道から南は九州・沖縄という地域性又は沿岸・山間・市街地等の住環境によって、建物の傷み方はひとつとして同じものはなく全く異なります。そして、何よりも優先しなければならないことは、お客様のご要望と期待・満足でなければなりません。
この度の弊社のチェックシートは、複雑な仕事を全て頭に叩き込んで施工するSHIN NIKKEN独自の仕様であり、お客様にも控えをお渡ししておりますので、施工内容をお客様ご自身でもご確認いただける仕様となっております。
このチェックシートは、作業前と作業後の注意点とチェック項目を書き込みながら作業の準備と作業後の点検を行うものです。住宅の状態を施工責任者が事前にチェック(ひび割れ・カビ・ガラスの割れ・庭の状況・お客様も気付かなかった細かな部分も発見するケースも・・・)を行って作成し、最後にお客様のサインを頂戴してから作業開始をいたします。
そして、全ての工事作業が無事終了した後でも、塗装作業だけではなく清掃なども作業項目に含まれていると考えます。お客様に気持ちよく引渡し出来る状態にしたいのは勿論のこと、今回の工事に「少しでもお客様に感謝の気持ちがお伝え出来れば・・・」と社員一同考えております。

お客様に「安心と信頼」がお届け出来れば幸いです。









お客様に本当の満足とサービスを弊社のスタッフがご提供できたのか?

弊社は何時も気に掛けております。そこで、実施しておりますのがご依頼を賜りましたお客様にお願いしております「アンケート葉書」です。一枚一枚、ご意見・ご要望を全て拝見し、今後のサービス向上に役立てさせていただきます。また、この葉書から多種多様のアイデアを頂戴し実現しています。



更に、このアンケート葉書では営業・施工スタッフの態度・技術をお客様ご自身で評価・採点をお願いしています。この採点による獲得点数により、月間・年間MVPを選出。頑張ったスタッフを高く評価する制度を設けています。幸いな事にお客様よりいただく得点数は非常に高く、スタッフ全員の月々の平均点は90点台と個々が切磋琢磨する姿が窺えます。今後とも更なる技術・サービスの向上に努力を続けるつもりでおります。

SHIN NIKKENの塗装をより一層ご安心してご利用いただけますよう、何卒、よろしくお願い申しあげます。







お客様からいただく声やクレームは会社の宝、財産です。

企業活動から得た知識・教訓を全社員で共有し、万全の体制作りに役立てています。
『社内報の自主制作』はその一環で、個々の情報を全社員で共有します。こういった努力で、開発からアフターまでの一貫した体制を強化しています。

社員一丸となってクレームゼロを目指します。


(社内報の例)


是非、下記の情報も合わせてご覧ください。

■ コンプライアンスに関する情報 >>コチラです
■ プロとしてのこだわり(APS)の情報 >>コチラです


戻る